医療通訳を考える全国実践者会議

第4回医療通訳を考える全国実践者会議

「医療通訳の現在・未来を考える」

 医療通訳を考える全国会議では、医療現場におけることばの問題に取り組んでいる行政、国際交流協会、NPO、医療関係者、通訳者などが集まり、医療通訳における課題の共有や解決に向けた議論を行ってきました。第4回「医療通訳を考える全国実践者会議」では、医療通訳や外国人医療に関わる国内外の注目すべき潮流をテーマに取り上げ、医療通訳の今、そして未来について考えていきたいと思います。 報告書発売中!!!

・「カリフォルニア州における通訳認定制度」CommuniCal Program(法案1263)ダイジェストをダウンロードする報告書をご購入いただいた方のみの特典です)

日時:2013年12月15日(日)終了しました

時間:10:00~17:30(受付開始時間 9:30〜)

場所:関西医科大学枚方学舎(大阪府枚方市新町二丁目5番1号

参加費:2,500円(資料代込み)*当日受付にてお支払いください

主催:特定非営利活動法人 多文化共生センターきょうと

   関西医科大学 医学部公衆衛生学講座

ダウンロード
全国会議のチラシ
第4回医療通訳を考える全国実践者会議.pdf
PDFファイル 1.8 MB

「移民国家はいかに通訳認定制度をつくったか?」                移民国家における通訳認定の取り組みから学ぶ

ヨーロッパにおけるコミュニティ通訳の現状—国際コミュニティ通訳会議「InDialog」報告

 2013年11月ドイツ・ベルリンで行われた「In Dialog2013」は政府、政策立案者、サービス提供者、研究者、トレーナー、通訳者、異文化間メディエーター等が集まり、「通訳」について議論する国際会議です。「In Dialog」で議論、報告された「ヨーロッパにおけるコミュニティ通訳の今」について報告します。


カリフォルニア州における認定通訳制度(CommuniCal Program)

 アメリカ・カリフォルニア州では、2014年から英語力が十分ではないメディケイド対象の患者に対し、NPOなどと連携して認定通訳者を育成、認定、派遣を実施します。来年4月より始まるコミュカルプログラムについて、いち早く紹介します。

スイス連邦における通訳認定制度

 スイス連邦は26のカントン(州)から構成される連邦共和国であり、約795万人の人口の約22%が外国人が占める移民国家です。スイス連邦はフランス、ドイツ、オーストリア、リヒテンシュタイン、イタリアと国境を接しており、これまで歴史的に多くの移民や難民を受け入れてきました。1991年より勃発したユーゴ紛争による東ヨーロッパ移民の流入を契機に連邦政府は2004年より認定通訳制度をスタートさせました。現在、60言語、850人のスイス認定通訳者(Schweizerisches Zertifikat INTERPRET)がいます。通訳者の育成と認定は通訳基準に従い9つの移民支援団体が行っており、20つの団体が認定通訳者の派遣を行っています。スイス連邦における通訳者の養成、認定、派遣を中心に紹介します。


ダウンロード
CommuniCal Program 1264
「カリフォルニア州における通訳認定制度 法案1264」
※本翻訳は英語原文から直訳ではなく、意味が分かりやすいように編集をしています。
法案1263web.pdf
PDFファイル 108.6 KB

「通訳の質」とは何でしょうか?本分科会では、医療通訳が備えるべき「質」の基本を考えると共に、「質」を備えるためにどのような育成(研修)が必要かを議論していきたいと思います。
座長:多文化共生センターきょうと 代表 重野亜久里

「医療通訳の質とは?」

 プロの会議通訳者であり、看護師でもある渡辺先生に、通訳者、看護師の両方のの視点から「医療通訳の質」について語っていただきます。

渡部富栄 

大東文化大学大学院・青山学院大学兼任講師・会議通訳者、翻訳者、看護師)

「質の高い通訳者を育てるには」

 どのように医療通訳者を育成するのか?通訳研修の方法や内容、育成における課題などについて各研修担当者たちがパネル形式で議論します。

 

パネリスト

新垣智子「多言語医療通訳講座」

(りんくう国際医療通訳翻訳協会 IMEDIATA)
大橋充人「あいち医療通訳システム基礎研修」

(医療通訳者ネットワーク東海)

重野亜久里「京都市医療通訳養成講座・岐阜県医療通訳育成事業」(多文化共生センターきょうと代表)



 グローバル化に伴い、医療業界でも外国人患者を受け入れる機会が多くなってきており、各医療機関の特徴にあわせた外国人患者対応が行われはじめています。本分科会では、各医療機関の現状や様々な取り組みを通して、医療機関の国際化に向けた今後のビジョンについて考えていきます。
座長:南谷かおり(地方独立行政法人りんくう総合医療センター国際診療科 部長 ) 

 
パネリスト

沢田貴志 神奈川県勤労者医療生活協同組合港町診療所 所長

井田 健 公立甲賀病院 顧問、滋賀県多言語医療通訳ネットワーク協議会 会長 

秋山智弥 京都大学医学部附属病院 病院長補佐、看護部長 

菱川良夫 兵庫県立粒子線医療センター 名誉院長、メディポリスがん粒子線治療研究センター  センター長 

パネルディスカッション  「多様化する医療の現状と展望」


第3回医療通訳を考える全国会議

全国会議の報告書発行しています!
全国会議の報告書発行しています!

日時:2010年8月21日(土曜日) 11:00〜18:30

会場:キャンパスプラザ京都 2F ホール(実践会議午前)    

   第1会議室(実践会議午後)第4講義室(フォーラム)

 日本に暮らす外国人が年々増加する中、医療通訳を考える全国会議では、医療現場におけることばの問題に取り組んでいる行政、国際交流協会、NPO、医療関 係者、通訳者などが集まり、全国各地の状況を踏まえて課題の洗い出しや解決に向けた議論を行ってきました。第3回の全国会議では、医療通訳のレベルの向上 と医療通訳の社会的認知をめざし、実践者の視点から医療通訳とは何か?という(基準)について議論する全国実践者会議と、医療通訳にかかる話題「医療観 光」について取り上げた「医療通訳を考えるフォーラム」の2部構成で実施します。

実践者会議
実践者会議

医療通訳者には何が必要か?
医療通訳に必要な能力、技術、資質、知識、姿勢などの「基準」について、通訳者を養成し、派遣している実践者の視点から議論します。実践者会議では、多言 語社会リソースかながわ及び多文化共生センターきょうと協働のプロジェクトチームにより作成した、現場の視点から医療通訳基準の「素案」をもとに全国各地 の医療通訳派遣・養成をしている団体・医療機関の実践者が集い協議検討を行い、それぞれの地域で活用できる共通基準案の作成をめざしました。

 

時間:午前11:00〜12:30 2Fホール

   午後15:30〜17:00 2F 第1会議室

 

参加団体

NPO法人 伊賀の伝丸

医療通訳士協議会(JAMI)

NPO法人 エスニコ

認定NPO法人 国際ボランティアセンター山形

NPO法人 多言語社会リソースかながわ

NPO法人 多文化共生センターきょうと

NPO法人   多言語センターFACIL

財団法人 鳥取県国際交流財団

みのお外国人医療サポートネット

財団法人 宮城県国際交流協会

りんくう総合医療センター市立泉佐野病院国際外来/IMIDIATA

 

策定した医療通訳共通基準はこちら
(日本語、英語、中国語、ポルトガル語、韓国朝鮮語版の翻訳も作成しました)

医療通訳を考えるフォーラム

時間:13:30〜15:00 第4講義室

 



新たな通訳の必要性が問われている医療観光に関して、そこで求められる通訳像とこれまでの医療通訳との共通点や違いを明らかにし、相互理解、相互発展につなげていきたいと考えています   
 
医療観光の各国の取り組み 13:30~14:25

※タイと韓国はSKYPEを通じて中継発表します。

 

「タイの医療事情とメディカルツーリズム」
Bangkok hospital medical Center JMS(Japanese Medical Service)
Marketing manager 田中耕太郎さん

「韓国の医療通訳とメディカルトラベル」

通訳者 LEE JUNG NAMさん

「メディカルツーリズム」徳島健康・医療(糖尿)クラスター形成
財団法人 とくしま産業振興機構 知的クラスター本部 事業総括
濱尾 重忠さん

医療観光と医療通訳のゆくえ14:30~15:00
司会:重野亜久里(多文化共生センターきょうと 代表)

パネリスト
岩本 弥生さん コーディネーター兼ポルトガル語医療通訳スタッフ
高嶋愛里さん 医療通訳コーディネイター 看護師、保健師
坪田 由紀子さん 聖マリアンナ医科大学病院 ソーシャルワーカー
西山 利正さん 関西医科大学公衆衛生学講座教授
濱尾 重忠さん  財)とくしま産業振興機構 知的クラスター本部 事業総括


「相談する・交流する・つながる」

時間:会議終了後〜18:30 第1会議室

全国の医療通訳にかかわる実践者たちが交流したり、互いの思い・悩みを共有することで新たなつながりを創る場にしたいと考えています。

 

団体におすすめBooth   

 ・theme「相談する」通訳派遣事業運営・通訳育成について 

 

通訳者におすすめBooth  

・theme「交流する・つながる」通訳者向け交流ブース
・theme「相談する」個別相談(守秘義務を守って相談対応いたします)

 

団体・個人の方に両方におすすめBooth   

・theme「相談する・つながる」通訳基準について
・theme「交流する・つながる」連携・交流


第2回医療通訳を考える全国会議 「ことば医療の未来」2006

2007年2月18日 10:00〜17:00
 日本各地で始まった外国人医療支援の活動は今、大きな広がりを見せています。日本に住む外国人が年々増加する中、多様化する彼らのニーズに応えていく為、 私たちに求められているものは何か、各地の医療機関、NPO、行政は様々な問題に直面しています。各地で蓄積されたノウハウの情報交換、新たな課題解決の 鍵を求め、第1回医療通訳を考える全国会議が開催されました。第2回目の会議では、前回認識された課題、また新たな活動の動きに焦点を当てて、課題解決に 向けた一歩進んだ議論をしていきたいと思っております。

会場:キャンパスプラザ京都
運 営 第2回医療通訳を考える実行委員会
主 催 特定非営利活動法人 多文化共生センターきょうと

後援 京都府医師会 京都私立病院協会 京都府看護協会 京都市 京都府 
協力 京都大学大学院情報学研究科  社会情報学専攻 石田亨 教授
助成 日本財団

全体会 多文化共生社会を拓くことばの支援の未来−国内外における電話通訳を取り組みから学ぶー

海外、日本での電話を利用した通訳サービスを通じて、その可能性と課題からことばと医療の未来のかたちを模索します。
「韓国BBBにおける携帯電話を使った通訳ボランティアの取り組み」 
 報告者:崔 美惠 Korea BBB Association
「米・ダラス公立総合病院における電話通訳の取り組み」
 報告者:村田旬世(Dallas County Hospital MSW) 

「日本における電話医療通訳の取り組み」
  報告者:重野亜久里(多文化共生センターきょうと)


分科会1-医療通訳・しくみづくり-地域に適した通訳支援システムとは

外国人医療における言葉のサポートのあり方を考えるとき、それぞれの地域に適した、或いは地域で実現可能な支援のかたちは必ずしも同じではありません。集住地域やそうでない地域とのニーズの違い、地域の協力団体の有無、人材や資金の確保など、地域によって状況や資源が全く異なっています。この分科会では各地のさまざまな支援のかたちから、自分たちの地域のニーズにあった、現状にあった支援システムを考えていきたいと思います。

「地域に適した通訳システムとは」
「限られた環境の中でのシステムとは」
コーディネイター  特活)多文化共生センターきょうと 理事長 重野 亜久里 
パネリスト(敬称略)
北信外国人医療ネットワーク(HIHI)
財)大垣国際交流協会 次長 井上秀夫
特活)愛伝舎 代表 坂本久海子
和歌山大学 システム工学部 宮部真衣・吉野孝
京都大学大学院 情報学研究科 岩部正明 


分科会2-医療通訳・人づくり〜学びたいこと・学ぶべきこと

医療通訳トレーニング・プログラムの現状、課題、今後の方向について、多様な視点から、プログラムを企画する人も、受ける人も、医療通訳について学びたい人も、共に議論しましょう。
「医療通訳ミニマム・プログラムと継続学習」
「医療の場面に応じた通訳方法と通訳レベル」 
「対象言語のネイティブ人材のトレーニング・プログラム」 
コーディネイター 
西村明夫(特活) 多言語社会リソースかながわプログラム・アドバイザー)  
パネリスト(敬称略)
高嶋愛里(特活) 多文化共生センターきょうと医療通訳コーディネイター) 
鈴木亮子(AMDA国際医療情報センター 事務局長) 
庵原典子(AMDA国際医療情報センター関西センター 事務局長) 
宇藤美帆(財)三重県国際交流財団)


分科会3-医療現場 (受け入れ)環境づくり -医療職種別の視点からみた外国人対応の現状と課題

日本語の通じない患者様への診療は医療機関内で、様々な専門職種が対応を行っており、さまざまな場面でことばのサポートが求められています。その中で、同じ専門性のある職種ごとに外国人のどのような場面で通訳を必要とするかなど、違いが生じているようです。 しかし、同職種間で外国人医療に関する情報交換が行える場は少ないのが現状です。ここでは、医療現場でのことばが通じないことから起こる問題を中心に、同職種・他職種間で在日外国人受診に関する現状と課題について情報共有し、職種間、医療関係者間の連携による外国人医療における課題解決の方向性を見いだしていきたいと思います。

事例報告
多地域の医療機関から、医師・看護助産師・地域連携の立場から、外国人診療に対する現状や取り組みを報告していただきます
対象:医療関係者/医療関係学生    ※外国人対応経験の有無は問わない
   ※グループディスカッションは、オブザバー不可
コーディネイター 公立甲賀病院 副院長、びわ湖国際医療フォーラム代表 井田 健
パネリスト(敬称略)
港町診療所 医師 澤田 貴志  
医療法人 尚志会 山田産婦人科 看護・助産師長 新實房子  
医療法人 医仁会  武田総合病院 地域連携室 辻野博幸

分科会4-医療通訳者のセルフケアについて考える

 医療通訳者のセルフケアについて考える分科会です。この分科会では、医療通訳者が、当事者の立場で医療通訳の現状について考えます。医療通訳の主な仕事は正確な通訳です。しかし医療通訳は他の通訳に比べて、物理的にも精神的にも通訳対象者との距離が近く、時には同じ言葉を話すものとしてのサポート・支援を期待される場面が少なくありません。近年、終末医療や精神疾患の通訳など深刻な医療場面の通訳が増えつつあります。しかし、通訳者として、どこまで支援できるのか、どこまで支援すべきなのかについてはまだ明確な答えはありません。また支援の中で通訳者自身のケアを忘れてしまいがちです。通訳者同士で事例を出し合うなかで、日常の業務で困っていること、悩んでいること、また医療通訳者の在り方について一緒に考えていきます。

対象:現場を持つ医療・福祉系通訳者限定(プロ・ボランティアを問わない)
※この分科会はオブザーバー参加は受け付けません

コーディネーター 医療通訳研究会(MEDINT)代表 村松紀子 
司会・進行 MINT代表   伊藤美保 
講師  兵庫県こころのサポートセンター臨床心理士 大澤智子
    ブラジル人医師 中萩エルザ


全体会 医療通訳のこれからを語ろう!

各分科会で行われた振り返り・共有・そしてこれからについて考えましょう。