京都市医療通訳派遣事業 医療通訳養成講座 2017

京都市医療通訳派遣事業 医療通訳養成講座・医療通訳者選考会のお知らせ

 2003年より、京都市、公財)京都市国際交流協会と特活)多文化共生センターきょうとと京都市内の4つの医療機関が協働し医療通訳者を派遣する「京都市医療通訳派遣事業」を実施しています。当講座は医療通訳の啓発と通訳者の育成を目的としています。2017年1月15日、21日、22日の3回連続講座です。
・京都市医療通訳事業について

 

※当講座は、センターの医療通訳ボランティア育成カリキュラム基準(医療通訳ボランティアのための導入トレーニング(12時間)を導入しています。

※病院で雇用される専門職としての医療通訳の育成を目指した「専門医療通訳養成コース」とは別の研修です。

 

終了しました。

 

 医療通訳者として活動するために必要な基礎を学ぶと共に実践力を身につけることを目指します。
医療通訳者として必要な基礎知識や姿勢(通訳倫理)、通訳技術を学ぶと共に、ロールプレイ(模擬通訳)を通じて、表現力、対応力を身につけます。ロールプレイは実際に通訳をしながら進めていきます。

 

※「専門医療通訳養成コース」とは別事業の研修です。

日時:

 2017年1月15日(日)10:30-16:00

 2017年1月21日(土)10:30-16:00

 2017年1月22日(日)13:30-16:30

募集人数:40名

場所:京都市国際交流会館(京都市左京区粟田口鳥居町2番地の1)

   (京都市営地下鉄 蹴上駅より徒歩10分)

 

対象言語:中国語、英語、韓国・朝鮮語(それ以外の言語の方はご相談ください)
     ※それ以外の言語の場合ロールプレイができない場合がございます。

対象:医療通訳を目指す方
   母語・通訳言語の双方で日常会話に問題ない程度の語学力があること。
   

参加費:¥4000(3日間)一日のみ¥1500

※本講座は語学向上を目的とした研修ではありません。
※3日間通しで参加される場合の参加費は1/15にお支払いください。

※本講座は京都市医療通訳派遣事業で活動する通訳者の募集と医療通訳の啓発を目的としています。参加に対する認定証の発行等は行っておりません。

 

締切:終了しました


重野亜久里 (多文化共生センターきょうと 代表)
高嶋 愛里 (多文化共生センターきょうと 医療通訳コーディネーター、看護師、保健師)

森  一樹(地方独立行政法人京都市立病院機構 副院長 医師)

シルバ寿子(通訳案内士、BBC等翻訳・通訳、豊中市教育委員会登録通訳翻訳者)

神原 順愛(京都市医療通訳派遣事業 医療通訳者) 他


医療通訳者選考会

 京都市、公財)京都市国際交流協会、特活)多文化共生センターきょうとでは、2017年度から活動する中国語の医療通訳者を新たに募集いたします。あなたもわたしたちと一緒に医療通訳者として活動しませんか?

 

 医療通訳者は患者さんの命に関わる重要な業務です。
 京都市医療通訳派遣事業では、語学能力、コミュニケーション能力、通訳姿勢について基準を設け、選考会を実施しています。選考会に通過した方は、病院研修等を経て医療通訳者として認定されます。

開催日:2017年1月29日(日)

    一次試験 10:00~12:00(グループに分けて順次実施)

    二次試験 13:30〜17:00(一次試験合格者のみ)

 

会場:京都市国際交流会館(京都市左京区粟田口鳥居町2番地の1)

 

選考会内容:

 一次試験-筆記試験

 二次試験-通訳ロールプレイ、グループ面接

 ※1次試験合格者を対象に通訳ロールプレイを実施します。

 ※試験内容の詳細についてのご質問にはお答えできません

 

締切:終了しました


活動期間:2017年4月〜(年度更新制) 

主な活動時間:火、水、金、土曜の外来診療時間(9:00-12:00)


条件

  • 心身ともに健康な方
  • 京都市医療通訳講養成講座をすべて受講された方
  • 対応曜日で週2日程度の通訳活動が可能な方
  • 母語・通訳言語双方で十分な言語能力があること(外来診療における対話をスムーズに通訳できる)
  • 言語能力と対人コミュニケーション能力のある方
  • 通訳経験のある方
  • 当事業の理念を理解し、外国人患者の支援を行いたいと考えている方
  • 日常的にインターネット・メールを利用している方
  • 現在京都市近郊にお住まいの方


募集言語:中国語 若干名

※英語・韓国朝鮮語の募集はありません。

 

謝金:¥3,000 (3時間まで)+交通費(¥1,000)

 

研修期間:交通費を補助いたします。

 

期間:2ヶ月以上(月2回程度)

※研修ではコーディネイターが指導、サポートします。

※選考に合格後、通訳研修を行います。研修期間は2ヶ月以上です(個人差があります)病院での医療通訳業務が行えるとコーディネーターから認定を受けた段階で医療通訳者として活動を初めて頂きます。


勤務地:医仁会武田総合病院

    京都市立病院

    康生会武田病院

    京都桂病院


お申し込み方法

受講を希望する方は、下記の「選考会申し込みフォーム」からお申し込みください。事務局から受付と時間のメールをお送りします。メールが届きましたら、「通訳実績表」を事務局までお送りください。

(申請時に一緒に送付いただいてもかまいません)

 

1:フォーム入力・受講試験のお申し込み

2:受付・受講試験日の確定

3:通訳実績表の送付

4:選考会

終了しました

ダウンロード
通訳実績表
※形式は問いません。同様の内容について、既存の資料がある方は、その資料をお送りください。
通訳実績表(例).xlsx
Microsoft Excelシート 29.9 KB